SHIOLOG

将棋が好きな大学生のブログ。

学生にもおすすめ! ジャパンネット銀行の口座を開設してみた

f:id:satoshinkun:20171124125426p:plain

 

どうも、しお(@shiofree)です。

今更ながらジャパンネット銀行の口座を開設する事にしました!

 

 

 

 

ジャパンネット銀行の口座開設に至った理由

f:id:satoshinkun:20171124163115p:plain

・AmazonのPrime studentの登録にジャパンネット銀行のVISAデビット機能付きキャッシュカードが使える

・親に仕送りをしてもらったらりする生活費用の口座とは別に自分用の口座が欲しかった

この2つが口座開設に至った大きな理由ですね。

口座開設が楽!

f:id:satoshinkun:20171124165006p:plain

ジャパンネット銀行の口座を開設する方法は2種類あります。

・アプリで必要書類を撮影して送信するやり方

・申込書類を取り寄せそれに必要書類を添えて郵送するやり方

1つ目のアプリでやる方法はキャッシュカードが届くまで5~7日、2つ目の郵送する方法はキャッシュカードが届くまで2週間程度となっています。

詳しいことはジャパンネット銀行の口座開設の流れで確認してみてください。

ちなみに私は最初アプリの方法でやってなぜかうまくいかなかったので、郵送する方法でやりました。

 

また、満15歳以上であれば親の同意なしで口座を開設することが出来るのでアルバイトをしてお金を貯めたいという高校生、大学生・専門学校生でも口座を開設することが出来ます。

身分証明が必要ですが、使う書類は免許証、健康保険証などで大丈夫なので学生でも準備しやすいと思います。

気になる手数料は?

f:id:satoshinkun:20171124165813p:plain

口座維持費は2012年まで有料でしたが今は無料です。

毎月初回の入金・出金手数料はそれぞれ無料です。

毎月2回目以降の入出金手数料はこのようになっています。

f:id:satoshinkun:20171124142251p:plain

ゆうちょ銀行のATMで入出金を行う場合には手数料が高くなっているので注意が必要ですね。

セキュリティがすごい!?

f:id:satoshinkun:20171124171246p:plain

ネット銀行の気になる点と言えばセキュリティですね。

ジャパンネット銀行は「ワンタイムパスワード」という方法で安全を保っています。

こちらがキャッシュカードと一緒に送られて来るトークンです。

f:id:satoshinkun:20171124152001j:image

例えば、口座の情報を確認するときにはこのトークンの①のボタンを押すと②の横に数字が表示されます。それがワンタイムパスワードなのです。それを口座の情報を確認する際に画面に入力しないと確認することができません。このワンタイムパスワードは毎回数字が異なるので安全性が高いのだと思います。

VISAデビットカードが便利!

f:id:satoshinkun:20171124171552p:plain



ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAデビットカードの機能がついていてこれがかなり便利です。

VISAデビットカードというのはクレジットカードと似ているのですが預金額の範囲内でしか使えないという点がクレジットカードと異なりますね。

私は大学生でAmazonのPrime studentというサービスを利用しているのですがクレジットカードの代わりにデビットカードを登録できるのでとても助かっています。

ただし、デビットカードを登録できるのはPrime studentのみとなっています。

プライム会員のほうはデビットカードは使えないんですね。

 

また、使いすぎの防止にもなりますね。口座に5万円だけ入れておいて1か月の間ではそれだけしか使わないようにすればお金の節約にも繋がるのではないでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。